選び方や洗い方|綺麗な女性のヒミツをコッソリ教えます|化粧下地で土台作り

綺麗な女性のヒミツをコッソリ教えます|化粧下地で土台作り

選び方や洗い方

レディ

現在、洗顔石鹸が肌に優しいと注目されつつあります。石鹸で顔を洗う人もいれば、洗顔フォームを使用する人もいるでしょう。今ではどちらも数多く出回っていますし、含まれている成分や価格にも差があります。しかし、毎日使うものなので妥協して選んではいけません。今回は洗顔石鹸にスポットを当ててみましょう。合成界面活性剤を含まず、尚且つ無添加なら最高です。防腐剤はもちろん、着色料や香料に関しても無添加な洗顔石鹸が好ましいです。肌質によっても選び方は異なります。乾燥肌は保湿、敏感肌は低刺激を意識すると良いでしょう。ヒアルロン酸や米ぬかなどの天然成分に注目し、保湿効果の高い洗顔石鹸を決めます。また、無添加なら低刺激なので、そこに注目しながら決定していくと失敗を避けられます。とくに敏感肌の人は、ヒリヒリしたり赤くなったりすると大変です。初めて使う場合はパッチテストをしておくと安心です。

自身の肌質に合わせて洗顔石鹸を選んだのであれば、次は洗い方に注意していきましょう。洗顔フォームにも言える事ですが、専用のネットで泡立てるのが基本です。どんなに良い成分が配合されていても、手で擦って摩擦が生まれてしまうと、肌にイメージとなります。摩擦が原因でシワが出来たり色素沈着になったりするので気をつけなくてはなりません。撫でるように優しく洗顔すれば、本来の効果をしっかりと得る事が出来るでしょう。正しく洗えたら、汚れが落ちている感覚と潤う感覚が同時に得られるはずです。